男性ホルモンの低下を注射で防ぐことが出来た

男性更年期障害で男性ホルモンの注射を受けることに

男性ホルモン 低下こちら : 男性更年期障害 男性ホルモン低下

40代を過ぎ疲れやすく怒りっぽくなってしまいクリニックへ男性更年期障害で男性ホルモンの注射を受けることに注射で症状は改善できたが生活習慣から改めた方が良い

この問題を防ぐためには、飲酒やタバコなどを辞める必要がありますが、私はこれまでやってきた日課なので辞めることは出来ずに、更に体を傷つけてしまっていたのです。
男性ホルモンの注射により、この睡眠とストレスなどの自律神経の乱れによる様々な症状は徐々に規模を小さくしていきました。
特に嬉しかったのが、筋肉量が増加したことです。
毎日ウォーキングを行っていましたが、筋肉量が増加するなどの実感は得られず、惰性で続けていましたが、ホルモン注射によって足回りの筋肉が一気に増えるようになったのです。
脚は階段を上がったり、営業をするときにも歩き回ったりすることもあるので筋肉があったほうが良いですし、何より疲れにくいのでホルモン注射をしてよかったと感じています。

注射を行って、3ヶ月が経った頃には男性の更年期障害の症状に悩まされることは少なくなりました。
男性の更年期障害もホルモンバランスの乱れや自律神経の失調によって発生する症状で、食生活や生活習慣だけでなく男性ホルモンの注射によっても改善できるようになっています。
特に、ホルモンバランスの乱れは長期間食生活が乱れている私には、短期間で改善させることは難しいのが現状でした。
しかし、今回クリニックで注射の治療を継続的に受けることで、完全に男性の更年期障害の症状を緩和させることが出来たのです。